マネジメント体制【コーポレートガバナンス】 - 会社案内 | ブルーカーゴ株式会社

マネジメント体制

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

ブルーカーゴは、お客様本位の経営を第一としており、責任ある企業として、すべてのステークホルダーに配慮した経営をおこなっております。
また、経営の効率性向上とコンプライアンスの強化を図るため、目まぐるしく変化する経済環境にいち早く対応し、合理的な意思決定をおこなうための経営システムの構築をおこない、公正で健全な経営の推進に取り組んでおります。
また、株主の皆様をはじめ、社外の方々に対する迅速で正確な情報の発信を行い、経営の透明性を高めております。

コーポレートガバナンス体制

ブルーカーゴは、取締役会で経営の重要な意思決定や業務執行の監督を行い、また監査役は取締役の業務執行状況などを監査しております。

内部統制システム

ブルーカーゴは法令に従い、業務の適正を確保するための体制の整備について取締役会で決議し、公正で健全な経営の推進に努めております。

取締役の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
  • ブルーカーゴは法令を遵守し社会規範や企業倫理を重視した公正・誠実な事業活動を行うことを基本理念とし、取締役は自ら率先してその実現に努める。
  • 取締役会は、取締役から付議・報告される事項についての討議をつくし、経営の健全性と効率性の両面から監督する。
取締役の職務の執行にかかる情報の保存および管理に関する体制
  • 文書管理の基本的事項を社内規定で定め、取締役の職務執行にかかる情報を適切に記録し、保存・管理する。
  • 上記の情報は、取締役および監査役が取締役の職務執行を監督・監査するために必要と認めるときは、いつでも閲覧できるものとする。
損失の危機の管理に関する規定その他の体制
  • 各種リスクを適切に管理するため、リスクの類型に応じた管理体制を整備し、管理責任の明確化を図るものとする。
  • リスクを定期的に評価・分析し、必要な回避策または低減策を講じるとともに、内部監査により、その実効性と妥当性を監査し、定期的に取締役会に報告するものとする。
  • 重大リスクが顕在化した場合に備え、緊急時に迅速かつ的確な対応ができるよう、速やかにトップへ情報を伝達する手段を確保し、また、各事業部門に危機管理責任者を配置する。
取締役の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
  • 取締役会で事業計画を策定して、全社的な経営方針・経営目標を設定し、社長を中心とする業務執行体制で、目標の達成に当たる。
  • 経営目標を効率的に達成するため、組織編成、業務分掌および指揮命令系統などを社内規定で定める。
使用人の職務執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
  • コンプライアンス委員会をはじめとした組織体制を整備し、社員行動指針の制定や各種研修の実施等を通じて社員の意識徹底に努める。
  • 内部通報制度などコンプライアンスの実効性を高めるための仕組みを整備するほか、コンプライアンスへの取組状況について、内部監査を実施し、取締役会に報告する。
取締役および使用人が監査役に報告するための体制
  • 監査役への報告や情報伝達に関しての取り決めを実施するほか、定期的な意見交換などを通じて適切な意思疎通を図る。

ブルーカーゴへのお問い合わせはこちらから

ページの上部へ戻る