マネジメント体制【災害発生時の対応】 - 会社案内 | ブルーカーゴ株式会社

マネジメント体制

災害発生時の対応

ブルーカーゴが本社を置く桑名市は、南海トラフ巨大地震が発生した場合の大津波、高潮の被害、または大型台風の襲来による堤防の決壊など、また古くは伊勢湾台風の大災害など、水害が発生する可能性が高い地域であります。
このような自然災害リスクに対し、有効な対策を行い、社会インフラを担う社会的責任、または有事の際、支援物資等の供給体制の一翼を担う民間事業者としての社会的貢献を果たしてまいります。
未曾有の大災害から学んだ教訓を活かすべく、またお客様に対し、サービスを提供し続けることが物流業者の使命であると考えております。

事前の防災対策・被害緩和対策
  • ハザードマップの活用による被害想定予測
  • 考えられる被害の防災措置
  • 事務所内の書庫、ロッカーの固定
  • 避難訓練の実施
災害発生直後の措置
  • 人命最優先の避難
  • 社長を本部長とする災害対策本部の設置
  • 安否確認
  • 被害状況の把握
  • 通信の確保
  • 関係先への連絡
  • 業務復旧
復旧対策の実効
  • 重要業務・物流サービス提供の優先順位の確認
  • 燃料の確保 【燃料確保のネットワークを確立しております】
  • 資金対策

ブルーカーゴへのお問い合わせはこちらから

ページの上部へ戻る